Call for Music Works and Presentations 作品および学術発表の公募について

(English descriptions are below)

TAMA Music Festivalでは2020年のシンポジウムに向けて国内外の作品および学術発表を募集しています。下記の応募要領のとおりですので、みなさま奮って応募よろしくお願いいたします。 

日時:2020111-12

場所:明星大学(東京都日野市)

応募締め切り:2019915

結果:201910月1日までにメールにてお知らせ予定

 

A: 作品の応募(コンサートで演奏される音楽作品)

[応募条件]

 ・どなたでもエントリーできます(年齢・国籍の制限なし)。

 ・エントリーおよび参加費は無料。ただし、楽器を伴う作品で、弦楽四重奏とVn, Va, Vc以外の楽器については、プレイヤ代として12万円/人かかります。

 ・ピアノは不可。

 ・作品の時間は15分以内。

 ・アクセプトされた作品の作曲家はフェスティバルに必ずご参加ください。

[公募作品形態]

A) アコースティック作品(演奏者はソロ~4名程度のアンサンブル作品)

B) ライブエレクトロニクスを伴う作品 

C) エレクトロアコースティック作品(フィクスト・メディア作品)

D) オーディオ・ビジュアル作品(映像を伴うフィクスト・メディア作品)

E) 即興演奏作品(モジュラーシンセやライブコーディング等)

F) その他、実験的音楽作品 等

[ステージ環境]

 - スピーカー4チャンネルまでの出力

 - スクリーン、プロジェクター

[提出物]

 1. 氏名

 2. メールアドレス

 3. バイオグラフィー(400字以内)

 4. 作品タイトル、制作年

 5. 作品形態(上記から選択。EFの場合は詳細についても記述)

 6. 作品のスコア(pdf)(カテゴリーAは必須。他は任意。)

 7. 作品のオーディオまたはビデオ (作品形態がB~Fの人は必ず。Aの場合は任意)

 8. プログラムノート(500字以内)

 9. 演奏に必要な全ての機材に関する情報、および自身で持ち込みか否か

 10. その他、作品のパフォーマンスに必要な情報、ステージ図など。(任意)

以上の情報をtamamusicfestival@gmail.com9/15まで送ってください。

なお、 添付ファイルは3Mb以下でお願いします。特に上記7に関しては、外部の参照リンクなどの情報を送ってください。

 

B: 学術発表(現代音楽に関する発表)

(例)弦楽器の新しい奏法の提案、新デバイスの開発と表現方法、現代音楽の作曲家と作品解説 等

[発表について]

発表時間20+質疑応答10分(プロジェクタとスクリーン、スピーカ、VGAケーブル、HDMIケーブルあり。PCは各自で用意)

言語:日本語、英語 

発表論文:必須ではないが推奨(日本語もしくは英語)。

応募・参加費:無料 

[提出物]

1. 氏名

2. メールアドレス

3. バイオグラフィー(和文もしくは英文 400字以内)

4. タイトル

5. 概要 和文(最大600字)および英文の両方

6. 発表内容の代表的な図・写真などがあれば1

以上の情報をtamamusicfestival@gmail.com9/15まで送ってください。

なお、 添付ファイルは3Mb以下でお願いします。 

 

[オーガナイジング・チーム]

キャシー・コックス(国立音楽大学、玉川大学、桐朋学園大学)

佐藤亜矢子(東京藝術大学、玉川大学)

平山晴花(国立音楽大学、玉川大学)

横山真男(明星大学)

ジョナサン・リー(玉川大学)

テクニカル・サポート:高木則幸(玉川大学)

 

 

TAMA Music Festival 2020 Call for Compositions and Presentations

 

Meisei University, in cooperation with associated college and university music programs in the Tokyo area, will be hosting TAMA Music Festival 2020, to be held on 11-12 Jan 2020, featuring a series of concerts and presentations about contemporary instrumental music, computer and electronic music, and multimedia works.

 

Date: 11-12 January, 2020
Venue: Meisei University (Hino city, Tokyo) 

Deadline for submission: 15 September, 2019
Notifications will be sent by 1 October, 2019.

 

A: Performance (Music works for performance)
[General info]
- Anyone may apply regardless of age/nationality.
- There are no fees for application or participation. However, if your work requires instrumentalists other than the provided  string quartet, there will be a fee of between 10,000-20,000 JPY per player.
- There is no piano available at the concert venue; therefore, works that include piano will not be accepted.
- Duration of works must be no longer than 15 min.
- Composers whose works are selected are expected to attend the performance of their work at the festival.

  

[Stage environment]

- Audio output of up to 4 channels

- Video projector and screen

 

[Categories of works]
A) Acoustic instrumental works (solo or ensemble, up to around four players)
B) Live electronic works (instruments including live electronics)
C) Fixed media (audio only)
D) Fixed media (audio + video)
E) Improvisational works (Modular synth, live coding etc.) 
F) Other experimental works

 

[Required materials for application]
1. Name (Family name, Given name)
2. Email address
3. Short bio (Max 150 words)
4. Title of the work, year of composition
5. Category (Select from the list above. If E or F, please give details.)
6. Score (.pdf) Essential for category A. Optional for others.
7. Audio or video reference file (Essential for category B~F. Optional for A.)
8. Program note (Max 250 words)
9. Technical info (List of all required equipment for performance, including which equipment will be provided by the composer)
10. Other info (ex. stage diagram, etc.) (optional)
Please send information to tamamusicfestival@gmail.com by 15 September, 2019.
Please do not attach files more than 3Mb. For audio and video reference files (7), please provide links for download.

 

B: Presentation (Presentation papers about contemporary music from various perspectives are invited.)
(e.g. New performance methods for stringed instruments, new interfaces and devices for musical expression, presentations about contemporary composers and works, etc.)

  

[About the presentation]

- Oral presentation 20 min. + Discussion 10 min. (English or Japanese)

- Video projector/screen and audio speakers with VGA or HDMI connection are available. Please provide your own laptop computer.

- A manuscript is not mandatory but recommended.

- No fees for application or participation.

 

[Required materials for application]
1. Name (Family name, Given name)
2. Email address
3. Short bio (Max. 150 words)
4. Title
5. Abstract (Max. 400 words)
6. One representative figure or picture etc. for understanding your presentation   
Please send information to tamamusicfestival@gmail.com by 15 September, 2019.

Please do not attach files more than 3Mb.

 

[Organising Team]

Dr. Cathy L. Cox (Kunitachi College of Music, Tamagawa University, Toho Gakuen School of Music)
Dr. Haruka Hirayama (Kunitachi College of Music, Tamagawa University)
Prof. Johnathan F. Lee (Tamagawa University)
Dr. Ayako Sato (Tokyo University of the Arts, Tamagawa University)

Prof. Masao Yokoyama (Meisei University)
Technical support: Noriyuki Takagi (Tamagawa University)