Biography

Photo©Akira Kinoshita

菅野 由弘 (Yoshihiro Kannno) 作曲

[基調講演]

東京藝術大学院修士課程作曲専攻修了。1979年「弦楽四重奏曲」がモナコ・プランス・ピエール作曲賞。1994年、電子音楽「時の鏡I 風の地平」がIMC推薦作品、2002年「アウラ」でイタリア放送協会賞、2012年日本文化藝術財団「創造する伝統賞」受賞。作品は、国立劇場委嘱の雅楽、聲明、古代楽器のための「西行 光の道」(春秋社刊)、NHK交響楽団委嘱の「崩壊の神話」、新作聲明「十牛図」、「ピアノの粒子3部作」、古代祝祭劇「太陽の記憶 卑弥呼」。NHK大河ドラマ「炎立つ」、NHKスペシャル「フィレンツェ・ルネサンス」、震災特集ドラマ「かつお」、「新日曜名作座」など。「にっぽんの芸能」テーマ音楽とBGM放送中。現在、早稲田大学理工学部表現工学科教授。

川上統  (Osamu Kawakami) 作曲
1979年、東京目黒生まれ、逗子育ち。東京音楽大学音楽学部音楽学科作曲専攻卒業、同大学院修了。作曲を湯浅譲二、池辺晋一郎、細川俊夫、久田典子、山本裕之の各氏に師事。 2003年、第20回現音新人作曲賞受賞。
2009、2012、2015年に武生国際音楽祭招待作曲家として参加。Tokyo Ensemnable Factory musical adviser、Ensemble Contemporary α作曲メンバー。楽譜はショット・ミュージック株式会社より出版されている。現在、国立音楽大学、東京成徳短期大学、東京音楽大学付属高等学校で非常勤講師を務める。チェロやピアノや打楽器を用いた即興も多く行う。

仲井 朋子 (Tomoko Nakai) 作曲
神奈川県生まれ、作曲家。テクノロジーを軸とした音/音楽作品を国内外で発表している。ジャンルを横断する作品も多く、近作に、青森EARTH2014(青森県立美術館)でのインスタレーション、マテリアライジング展Ⅲ(京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA)での展示作品、また OPEN SITE 2016-2017(トーキョーワンダーサイト)にて Decibel New Music Ensemble と2日に渡るコンサートを企画、新作公演を行うなど様々な領域で活動している。国立音楽大学大学院音楽研究科修了。現在、東京藝術大学芸術情報センター、洗足学園音楽大学各講師。http://www.tomokonakai.com


Photo@KARJAKA

平山 晴花 (Haruka Hirayama) 作曲

新潟県出身、東京都在住。作曲家、パフォーマー。国立音楽大学大学院修了後、マンチェスター大学(英)にてエレクトロアコースティック作曲を専攻し、博士号取得。第32回ブールジュ国際電子音楽コンクール(IMEB主催、仏)レジデンス賞や、女性作曲家によるSearch for New Musicコンクール2012(IAWM主催、米)ポーリン・オリヴェロス賞を受賞。他にも数々の作品が、主要国際会議や、音楽祭等において選ばれるなど、国内外で作品を発表している。近年は国際的なプロジェクトの企画のほか、他の芸術分野のアーティストらとのコラボレーション作品の制作にも積極的に取組み、活動の幅を広げている。現在、玉川大学芸術学部メディアデザイン学科非常勤講師、東京電機大学研究員。harukahirayama.com

 

八木澤 桂介 (Keisuke Yagisawa) 作曲
1982年栃木県出身。これまで、デン・ハーグ王立音楽院ソノロジーコース(オランダ)、東京藝術大学美術学部先端芸術表現(修士)、国立音楽大学大学院創作科(博士課程満期退学)にて研鑽を積む。人間の知覚や認識をテーマとしたオーディオヴィジュアル作品の創作を主としながら、テクノロジーアートと認識論にまつわる研究を行っている。作品の発表は、国内外問わず多岐にわたる。東京在住。現在、玉川大学芸術学部メディアデザイン学科非常勤講師。

横山 真男(Masao Yokoyama)作曲・チェロ

1973年広島生まれ。4歳よりヴァイオリン、10歳よりチェロを始める。早稲田大学理工学部および同大学院を修了。卒業後、電器メーカーに就職するが間もなく退社、ヤマハ・ポピュラー・ミュージックのチェロ講師や室内楽の演奏活動を始める。同時に編曲および作曲活動も開始。作曲を久留智之に師事。東洋大学にて博士(工学)を取得し、現在、明星大学情報学部准教授としてコンピュータや数理を用いた作曲や、音楽情報処理、楽器音響等の研究に従事。編曲作品は国内外のプロ・アマチュア団体で演奏され、Universal EditionやYamaha Music Media等から出版されている。

yokoyama-music-research.jimdo.com/


渡邊裕美 (Hiromi Watanabe) 作曲・サウンドデザイン
静岡県出身、パリ在住。東京藝術大学大学院音楽学専攻修士課程修了後、渡仏。 パンタン音楽院にて審査員満場一致の最優秀で電子音響音楽のDEMを取得、同時にSACEMから奨学金が授与される。サン=テティエンヌ大学コンピュータ音楽職業修士課程修了。繊細な色彩の移ろいが生み出す仮想の音響空間を求めて音楽制作を続けている。CCMC2011にてACSM116賞受賞。またIna-GRM主催のBanc d’essai2013(パリ)、NYCEMF2016、ICMC2016(ユトレヒト)に作品入選。フランスで活動するEnsemble Regardsの作曲家兼サウンドデザイナーとして電子音響音楽作品の初演・再演に携わっている。hiromiwatanabe.com

大竹 紀子(Noriko Ohtake) ピアノ
ジュリアード音楽院卒業。メリーランド州立大学博士課程修了(DMA)。ブルックリン芸術文化協会コンクール1位。メリーランド大学ホーマー・ウルリッヒ賞受賞。著書に「Creative Sources for the Music of Toru Takemitsu」(Scolar Press) 「ピアノ作曲家作品事典」(ヤマハ)など。翻訳書に「演奏の手引き」シリーズ(全音)など。校訂楽譜に「ハイドン・ソナタ集」(全音)「ロマン後期・近代・現代の名曲集」(ヤマハ)など。近年はヘンリー・カウエル研究を進めている。2017年米国ロードアイランド州立大学特別招聘アーティスト。相模女子大学学芸学部教授。放送大学講師。

黒田 鈴尊 (Reison Kuroda) 尺八
人間国宝・青木鈴慕、青木彰時に師事。早稲田大学、東京藝術大学、同大学院卒業。NHK邦楽オーディション合格。第二回利根英法記念邦楽コンクール最優秀賞受賞。NHK Eテレ「にっぽんの芸能」出演。TV、ラジオ、CDなどへ録音提供多数。韓国・百済文化祭にて朴範薫の尺八協奏曲”流”のソリスト。山本和智の尺八協奏曲“Roaming liquid”を世界初演。国際現代音楽祭Ars Musicaにソリストとして招請、武満徹"November Steps"、Claude Ledouxによる新作尺八協奏曲他を世界初演。アンサンブル室町、邦楽四重奏団メンバー。オフィシャルサイト reisonkuroda.com


平本 彩 (Aya Hiramoto) ホルン
12歳よりホルンを始める。桐朋学園大学卒業、同大学研究科修了。第五回ジュニア管打楽器コンクール第3位。大学在学時、京都国際音楽学生フェスティバル、音楽大学合同フェスティバルに選抜学生として、ラ・フォル・ジュルネ2015に桐朋学園大学オーケストラとして参加。2016年小澤征爾音楽塾オペラ・プロジェクトⅩⅣに参加。2014年にシンフォニエッタ・ソリーソと、2017年に横浜交響楽団とR.シュトラウスのホルン協奏曲第1番をソリストとして共演。現在、桐朋学園大学嘱託演奏員、洗足学園大学準演奏要員を務める。 Ensemble WITZE(木管五重奏)、Horn Ensemble Pace各メンバー。その他、フリー奏者として、室内楽、オーケストラや吹奏楽への客演のほか、吹奏楽部への指導や個人指導において後進の育成にあたっている。これまでにホルンを根岸伊智郎、猶井正幸、田場英子、溝根伸吾、高橋将純の各氏に、室内楽を佛坂咲千生、猶井正幸、岡本正之、鈴木良昭、亀井良信、蠣崎耕三の各氏に師事。

溝渕加奈枝 (Kanae Mizohuchi)ソプラノ

香川県高松市出身。国立音楽大学演奏学科声楽専修卒業。2013年より渡仏し、2016年ストラスブール地方音楽院にてDEM取得。これまでに声楽を小泉惠子、永井和子、小林真理の各氏に師事。現代曲をドナシエンヌ・ミシェル=ダンサック、フランソワーズ・キュブレーらのもとで学ぶ。TWSアンサンブル・モデルン・アカデミー, ダルムシュタット夏期現代音楽講習会,アンサンブル・リネア・サマーアカデミーを受講及び修了コンサートに出演。2016年にはロワイヨモン財団より奨学金を得て<新しい声>講習会に参加。Quatuor AdastraW.RhimAkt」ソプラノソロ、国立音楽大学第47回打楽器アンサンブル定期演奏会にてG.LigetiSippal, dobbal, nadihegeduvel 」ソロなど現代音楽を中心に活動している。日仏現代音楽協会会員。

望月豪 (Gou Mochizuki) マンドリン
マンドリン奏者、マンドリンオーケストラ「リベルテ」代表。2009年第5回大阪国際マンドリンコンクール第1位、2014年現代音楽演奏コンクール「競楽XI」聴衆賞受賞の他、2006年「MUSICA MANDOLINO合奏コンクール東京」では「リベルテ」を指揮し第1位、最優秀指揮者賞を受賞。これまで東京/大阪/パリ/バンコク等にてリサイタルや自主企画を開催。現代音楽にも積極的に取り組み、これまで委嘱" 献呈等50曲以上の新作初演をしている。CDは自身が指揮・マンドリン独奏を担う「協奏曲集 四季」や「Tzigane 望月豪マンドリンリサイタル」等。片岡道子、越智敬、池谷淳子各氏に師事。

李 英姿 (Yingzi Li) 二胡
9歳より二胡を学び、中国の様々なコンクールにて賞を受賞。2007年の来日以降、二胡奏者として活躍している。2016年、東京藝術大学大学院音楽音響創造研究分野修士課程修了。現在、二胡の演奏活動と共に、電子音響音楽や映像音楽などの作曲も行っている。作品は、北京国際電子音楽祭、2016WOCMAT -IRCAM Forum Conference(台湾)にて入選及び上演。またCCMC2015、CCMC2016にてACSM116賞にノミネート。Prix Presque Rien 2015においても最終選考にノミネートされ、CD-BOX「PRESQUE RIEN Prize」に収録されている。


宮本貴史
 
音楽家、VJ、メディアアート作家。1992年に東京に生まれる。2017年3月に国立音楽大学大学院を卒業し、現在フリーランスで創作活動を行っている。またメディアアーティストグループ「Tokyo Media Interaction」の代表も務めている。ICMC2015、EMW2015、NYCEMF2016、SICMF2016、その他多数のコンペティション等に入選、入賞。またVJとして、様々なイベントで活動している。
  website: https://takashimiyamoto.net/